エリザベスアーデンとは

エリザベスアーデンは、カナダ出身の実業家で米国の化粧品ブランド『エリザベス・アーデン』の創立者です。本名をフローレンス・ナイティンゲール・グレアムといい、オンタリオ州ウッドブリッジで生まれました。25歳の時、兄とともにニューヨークへ行き、製薬会社の帳簿係となって働き、スキンケアについて学びました彼女の親友の名前エリザベスと好きな詩『イーノック・アーデン』のアーデンを足して、エリザベスアーデンと仕事名をつけました。1912年、アーデンはフランスへ行き、ニューヨークよりも先進的であるフランスのビューティーサロンで美顔術について学びました。彼女は、フランスから自作の口紅と白粉を持って帰国し、北アメリカの人々にモダンなアイ・メークアップを紹介しました。そして化学者ファビアン・スワンソンと共同で顔用クリームを考案することにしました。このヴェネティア風の美顔クリーム、アモレッタとアーデン・スキン・トニックという二つの製品が、成功し二人の長いビジネスの協力関係が始まります。これらの化粧品は、その成分に初めて科学的なアプローチを駆使したもので当時としては革命的な化粧品となりました。1915年、アメリカ人の銀行家トーマス・ルイスと結婚し、アメリカの市民権を得たエリザベスアーデンは、海外販売を開始しました。その後エリザベスアーデンは、世界的な化粧品ブランドとして大きく発展していくのでした。Click jump Rakuten

garbo525_1.jpg
Click jump Rakuten

サブコンテンツ

時の管理人

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Favorite One

RSS Elizabeth Arden エリザベスアーデン

このページの先頭へ